転職サイトを使って工場求人に応募することのデメリット

二度手間になるケースが多い

転職サイトを使って工場求人に応募している人もいるかもしれませんが、この方法では二度手間になることも多いです。例えば転職サイトを使って応募を行った場合には、転職サイトからのメールと企業からのメールの2種類が送られていることが多いでしょう。同じ内容のメールが複数送られてくると、どちらに返信すればいいか分からない人もいるのではないでしょうか。また転職サイトによっては応募に利用できるだけで、後は会社と直接メールや電話でやり取りを行うことも珍しくありません。結局会社と直接やり取りするのであれば、わざわざ転職サイトを経由する時間がもったいないと言えます。特に働きたい会社が決まっている場合は、最初から直接会社に連絡する方が良いでしょう。

募集内容を偽っているケースもある

転職サイトには膨大な量の求人があります。そのため他社との差別化を図ることを目的に募集内容を偽って掲載しているケースも考えられます。例えば「正社員登用制度あり」と記載されていても実は細かい決め事があって、その基準に沿っていないと正社員として雇ってもらえないというパターンがあるでしょう。そうなれば正社員登用を求めている人は、また求人を探すところから始めなければなりません。このような手間を省くためにも、転職サイトを経由するのではなく直接会社と連絡を取るのが好ましいと言えます。また転職サイトへの掲載には掲載料が必要なので、中小企業の求人募集が少ない傾向にあります。そのため転職サイトを経由して応募しても学歴で不採用になってしまうというパターンも考えられるでしょう。そのようなデメリットを解消するためにハローワークを利用してみるのも1つの方法です。