ハローワークを利用して工場求人を探すことのデメリット

最低限の情報しか載っておらず応募の判断が難しい

ハローワークを利用して工場の求人探しをすることのデメリットの一つは、掲載されている求人情報が必要最低限のものしかなく、応募するかどうかの判断が難しいことです。民間企業が運営している求人サイトだと、工場での仕事の様子が写真や動画で掲載されていることがありますが、ハローワークが運営する求人情報サイトに掲載されている情報は、求人票とほぼ同じ内容で文字情報のみです。工場を所有している企業が公式Webサイトを開設していて、工場での仕事内容を紹介するページを用意していれば、足りない情報を補うことができますが、公式サイトが存在しない企業だと、ハローワークが公表している少ない情報をもとに求人に応募するかどうかの判断をしなければなりません。

求人を見つけだしても紹介状が無いと応募することができない

見つけだした求人に応募する場合に紹介状が必要であることも、ハローワークで工場の求人を探す場合のデメリットです。民間企業が運営する求人サイトの多くは、工場の求人情報が載っているページから応募手続きのためのページに移動できるようになっており、求人探しから採用選考の参加へとスムーズに移行することができます。これに対して、ハローワークのインターネットサイトには求人情報しか掲載されておらず、最寄りのハローワークに出向いて紹介状を手に入れなければ、探しだした工場の求人に応募できるようになりません。応募まで時間をかけずにすすめたければ、窓口業務が始まってすぐの時間帯など、スムーズに手続きができそうなタイミングを狙ってハローワークへ訪れる必要があります。

埼玉の住み込みの派遣は、短期から長期まで様々な求人があり、現場作業の経験が無くても一から仕事を覚えられるところも多くあります。